2008年07月26日

「ポニョ」見てきました

後半から分からなくなる」という評判をよく耳にするポニョ。
午後から暇だったので、劇場に立ち寄ってきました。
なんて残念な人でしょう、私は(泣)

入場券が高いと思ったら、高校生最初の映画だったのね。


相変わらず作画技術は非常に高く、楽しませていただきました。
背景は典型的な鉛筆絵で、人物はアニメ塗り。きっちりしてました。
CG使っていないことの偉大さを認識しました。ぽにょかわいいよぽにょ。

それで、「理解できない」というのは確かですね。
前半が間延びしてて、後半が詰まりすぎてます。
理解できないようにしているのは、それだけ深く考えて
欲しいからなのでしょうが、さすがに理解のための鍵が少なすぎました。

理解し切れた自信がない僕は敗北しているのかな…。
2年もかけて作った映画ですからね、理解されないのが本望でしょう(え)

もう一回考え直してみようかな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。