2008年10月27日

コンタクトには、『慣れ』が必要ですね。

文化祭まで5日を切り、体育の方も剣道が始まったので、コンタクトレンズを処方してもらうことに。いわゆる2weekというやつ。ソフトだからぺらっぺら。

今までメガネの人にとって、目に異物を入れるのはかくも辛いことなのか。6時までなのに30分延長して、延々と鏡とにらめっこ。コンタクトを入れる練習に10分ぐらいかかりましたよ。なんてこった。

入る瞬間に瞼がパチパチしてしまうんですね。人間たるもの、異物から身を守るのは当然だし、『慣れる』というのもそれなりに恐ろしいことじゃないか、と考えてしまうのです。無意識に装着して暮らせるようになるのでしょうか。

いまのところ幸い『ゴロゴロ』しないのですが、裸眼で視力が保たれているというのに如何せん違和感を拭えません。涙も出てくるし、メガネの方がはるかに楽な橋だと思いました。私の性分にコンタクトのケアが合うのかなあ…心配。2週間坊主になったら困るのですがね。
23:01 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。