2009年01月31日

週刊現代に釣られてみる(2)

前回の記事の後、しょうもなく現代を手に取ってしまいました。
読む気はなかったんですけど、ゆーゆー氏がサンデーを読んでるときに、
ついでに読んでみようかな、と思って。

まあ、買うのは癪なので、立ち読みしてそれで終わりですけど。
釣られた結果をご報告。

…あまりの内容に唖然として、よく覚えてないや。

とりあえず、@JANAが何の略称であるかについては言及がなかった
ことについては覚えてます。それだけ分かれば十分な気も。
ちなみにJANAでググるといろいろ謎になるので、ググらない方がいいと思う。

で、問題のAどちらが吸収するかですが、ANAが国内線の利を生かして吸収らしい。
国際線はJALがどーのと書いてあったけど、それなら各部門売却程度の問題だし、
JANAにはならないでしょ、現代さん。

で、アライアンス(国際的な航空会社連合)をまたぐことになる問題については、
案の定デルタとノースの合併についての説明で終わりでした。

だけどね、デルタがノースを合併したのは、アメリカにほかにもたくさん
エアラインがあって、合併したところで独禁法にかかるはずがないからですし、
USエアやノースが吸収されたところで、米系航空会社がアライアンスから
消滅するわけではないんですから。そこんところは詰めが甘くない?


つまり、この記事は「アップルとマイクロソフトが合併してWindacができる!」
と真面目に報道するレベルの話ですね。いやはや。

なんか俺以上に俄かの香りがして、ゴシップな雰囲気が楽しかったけどね。
航空関係者からすると、こういうのっていい迷惑だと思います。


以上。
体実たのしいね。展示やらなきゃ。
13:44 | Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
元のブログのリンクが切れてしまったのでこちらのほうに再リンクお願いします→http://blue.ap.teacup.com/cajfd2/
Posted by 宇宙人 at 2009年02月01日 18:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。