2007年09月23日

われ日本の柱とならん

「福田康夫君330票、麻生太郎君197票-」

さてさて。

本日午後、自民党で次期総裁選があり、予想通り福田氏が
次期総裁に決まりました。明日には、安倍現総裁が会見を行うそうです。
これによって総理選挙を行い、福田氏が次期総理に選ばれるようです。



しかし、この自民党内で行われた「総裁戦」では、
首相が直接選でないために分り難く、多くの国民に疑問を残したことも確かでしょう。

まず一つに、安倍氏の退任発表直後に福田氏支持を固めた派閥が多かったことです。
次期大臣ポストのために有力な福田氏に回ったのでしょう。
支持を表明しなかった派閥は切り捨てられる、
そんな古い自民党体制が未だに残っているのです。

しかし選挙戦が始まってみるとどうでしょう。

テレビや、街頭などで熱い論戦をすればするほど、麻生の方が論理的であることに気づく…
なんだかんだいって福田氏も71歳。論理的に話すほどの余力は残っておらず、
麻生氏に論負けしている様子が目につきました。
福田氏は長年の経験でその場をかわすことは得意なのですが―

そんなふうにして一時は福田氏に流れた民意も、最終的には麻生氏に流れていたようです。

それは、自民党員で行われた予備選の票数にも表れています。
自民党総裁選、党員投票では麻生氏が福田氏上回る(読売新聞)

皆さんご存知ですが、地方の票数には差がなかったのです。
それどころか、「国民の代表」である国会議員では大きく別れたのです。

つまり、国民と議員の間に意見の乖離があったということです。

しかし、自民党本部は選挙を統轄することに全力を注ぎ、地方に目を向けなかった。

安倍カラー排除をして何とか来夏の衆院選をのりきる。そのためには福田しかない―
安倍氏は失敗だったのだ―
そんな理由で福田氏支持を固め、国民の意見を聞かずに選挙を進める。

そんな姿勢が今回の参院選での敗因でありましょう。

いつものことですが、自民党には危機感というものがないのでしょうか。
長年自民政権が続き、倒れることはないと信じている。
その過度な余裕が自らを傷つけることになるのです―

自民議員は、参院選で負けたことについて、
「議席が減った」、それがすべてだと表明している人が多い。

しかし、自民のするべきことは何なのか。
衆院選をできる状況下ではない以上、民主との大連立で法案を通す…
それが無理でも、そうしているようにパフォーマンスをする必要があるのではないでしょうか。
その努力さえもしていない―

国民の意見をまとめられているのか…



8代総裁であった故・福田赳夫氏は、短命総理でありました。
長男である康夫氏の政治手腕に、是非注目しましょう。
この記事へのコメント
国会が国民の意見を反映してないことなど、今に始まったことじゃない。

多分俺だけだと思うけど、すごい気になってることがある。

50年後、このままの日本だったとして果たして総理になりたいと思う若者は現れるのか?
福田は2年持つか?


小泉の良さに気付くべきだったよ。
Posted by K茶 at 2007年09月23日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56837176

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。