2009年02月02日

明日、ですか

4年前のこと。

「あのさあ」

「うん」

「芸能人ってさぁ」

「うん」

「カイロが何で温かくなるのか知らないんだよ」

「馬鹿じゃねーの(笑)」



試験の内容は忘れてても、係生徒のたわいもない会話は
意外と覚えてるもんなんですよね。

自分自身、不手際を起こしそうでかなり怖いです…w
20:29 | Comment(1) | 日記

2009年01月31日

週刊現代に釣られてみる(2)

前回の記事の後、しょうもなく現代を手に取ってしまいました。
読む気はなかったんですけど、ゆーゆー氏がサンデーを読んでるときに、
ついでに読んでみようかな、と思って。

まあ、買うのは癪なので、立ち読みしてそれで終わりですけど。
釣られた結果をご報告。

…あまりの内容に唖然として、よく覚えてないや。

とりあえず、@JANAが何の略称であるかについては言及がなかった
ことについては覚えてます。それだけ分かれば十分な気も。
ちなみにJANAでググるといろいろ謎になるので、ググらない方がいいと思う。

で、問題のAどちらが吸収するかですが、ANAが国内線の利を生かして吸収らしい。
国際線はJALがどーのと書いてあったけど、それなら各部門売却程度の問題だし、
JANAにはならないでしょ、現代さん。

で、アライアンス(国際的な航空会社連合)をまたぐことになる問題については、
案の定デルタとノースの合併についての説明で終わりでした。

だけどね、デルタがノースを合併したのは、アメリカにほかにもたくさん
エアラインがあって、合併したところで独禁法にかかるはずがないからですし、
USエアやノースが吸収されたところで、米系航空会社がアライアンスから
消滅するわけではないんですから。そこんところは詰めが甘くない?


つまり、この記事は「アップルとマイクロソフトが合併してWindacができる!」
と真面目に報道するレベルの話ですね。いやはや。

なんか俺以上に俄かの香りがして、ゴシップな雰囲気が楽しかったけどね。
航空関係者からすると、こういうのっていい迷惑だと思います。


以上。
体実たのしいね。展示やらなきゃ。
13:44 | Comment(1) | 日記

2009年01月26日

週刊現代に釣られてみる

おひさ。

週刊現代の最新刊に、航空再編に関する面白い記事があるそうです。
それによると、JALとANAが合併して新会社ができるらしい。

「JAL+ANA=JANA」

…ありえんww反論してやるww

…といいつつも

 それを読む気がない以上は反論らしい反論もできないので、
簡単な説明しかできないのが残念ですね。
記事がほんとにスクープなら別に構わないけど、現代の記事からは
悪質なニオイしか感じないので。。


・まず第一に、JANAという新名称は、不出来な出鱈目です。

◇JAL=JAPAN AIR LINES
◇ANA=ALL NIPPON AIRWAYS
⇒JANA=JAPAN ALL NIPPON AIRWAYS(日本全日本空輸)??

 明らかに無理が。仮にALLがAIRになったところで変わらないので、
JANAになるはずがない。となると、新会社設立は表記の問題もあり、
JAS+JAL=JALのように、吸収合併の形を取るはずではないか。
(別の新名称を取るとも考えられないことはないが、この時点で
 この「スクープ」は間違い含みである。)


・となると、全日空と日航、どちらが吸収するのか。

 意外なことに、時価総額で見たときの両社は
◇JAL 航空業世界10位
◇ANA 航空業世界6位
⇒JAL<ANA(時価総額比)
となり、増収増益を続けるANAの方が、再建に手こずるJALを合併する形となる。

 準国営、役人型でやってきたJALと、打倒JALでやってきたANAが合併するのか。
両者のパイロットの著書等を読めば分かりますが、JALとANAは別。
まことしやかな合併話が数年前から続いていますが、
2005年付近ならともかく、「最凶期」を脱したJALがANAに合併されるはずがありません。


・独禁法
 これは、まあ、日本での司法判断及び国交省次第なのですが、
両者がくっついたら国内線は寡占状態ですよ、それでもいいの?って話。

・で、ゲンダイは何がいいたいの?

 基本認識として、現代さんは、JALみたいな企業が嫌い。
倒産寸前だったJALが盛り返しているこの状況で、
改めて全日空の強さを示すことでJAL離れを起こしたり、
企業イメージの低下を狙っているのではないかと思います。

それ以上に、現代さんが貧窮していて、こんな記事を書いたのかもしれませんが。

ま、以上。
展示やんなきゃ。
19:13 | Comment(0) | 日記

2008年11月20日

本の季節なんですかね〜

冬眠していたジャンパーをおろしました。ポケットがかなり大きいので、新書サイズの本がまるまる一冊入ります。これでまた本を“身に付けられる”季節になったな、というところです。

昨日買ってきた本を今日の朝から読み始め、暇があったら読むようにしていました。自転車を使わずに一日を過ごしたので、なんと夕食前に読みきることができました。素晴らしいペースです。読んだのは240ページのブルーバックス、「飛行機はなぜ落ちるか」という本。条件別インシデント解説書、といったところでしょうか。

専門用語も多いのですが、立ち止まらずに読めるようになりました。知識の刷り直しのような読書になりましたが、かなり深く突っ込んで書いてあってためになりました。自分もだいぶ空ネタにも慣れたなあと思う次第です。そろそろ何かの発信源になれればいいな、なんて考えてしまったり。

思い起こせば去年の秋、100冊プロジェクトという企画をやっていました。50冊読破して年を越したものの、新学期を迎え、夏になってからはめっきり読まなくなってしまいました。まばらに読んでいる分も加えると80冊ぐらいは制覇したと思うのですが、去年の企画はこれで御破算にして、今年もそのペースで頑張っていきたいところです。
22:37 | Comment(0) | 日記

2008年11月16日

我々は病気になります。

resize0895.jpg外付けHDDを整理したら出てきました。
シンガポール動物園での一枚です。

日本人がいなかったのが惜しい……ですが、
まあ、こんなお知らせも日本にはあるので、
もはや製作サイドの感性の問題かも。

(二枚目の写真はいつ見ても斬新ですw)
22:12 | Comment(0) | 日記

2008年11月11日

演劇1日目がボロボロだった遠因が分かりました

レンズ.bmpコンタクト装着開始から10日たったので、
以前掛かった眼科に行ってきました。



 実を言うと、装着し始めてから10日経ったものの、毎朝付けるのに苦労して20分ぐらい掛かっていたんですね。入れても入れても瞬きで落ちるし、ぼやけるし、気泡はできる。その度に洗浄し、洗浄液を1週間で使い切る始末。正直、なんで付けられないんだろうと泣きそうになったこともありました(!)

 慣れていたら処方箋を出して頂く、という話でしたので、その旨伝えてみたところ「慣れますよ」とのこと。特段問題はなかったようです。
 その後、試しに度を上げて先生の前で付けてみました。前回言われたように、レンズの表裏を確認します。「きれいなお盆型…」ここで、先生がひとこと。

「逆ですね……」

 ここで分かったことには、10日もの間、私は面が真っ平らの方を表と誤認して付けていたということ。つまり、初診の際に間違えて、そのままだったってワケ。


 ここでやっとタイトルに戻ります。文化祭の一日目というと、カミカミで、セリフも飛ぶし、最悪でした。まあ練習不足なんですけど。少し弁解すると…

 私の役は、マクベスに父を殺され、妻子を殺され、基本的に「泣く」「怒る」のどちらかなんですね。それで、泣くシーンで悲しい気分に浸っていたら、コンタクトが目からポロリと落ちてしまった。非常に焦りました。手をのばして取るのも不格好だし、コンタクトが外れたことに動揺して台詞は飛びました。

 もちろん、外れたのは「コンタクトが裏だったから」なんですけど。

 あとで、やましん氏から「レグルスって本番だと泣くんだな、って驚いた」って言われました。実は好演になってたりして…なんてのはもちろん冗談。万全の態勢で劇を作れなかったのは反省点です。弓氏とか頑張ったもんね。

 ……劇は準備と表裏一体。次こそリベンジです。
22:28 | Comment(0) | 日記

2008年10月27日

コンタクトには、『慣れ』が必要ですね。

文化祭まで5日を切り、体育の方も剣道が始まったので、コンタクトレンズを処方してもらうことに。いわゆる2weekというやつ。ソフトだからぺらっぺら。

今までメガネの人にとって、目に異物を入れるのはかくも辛いことなのか。6時までなのに30分延長して、延々と鏡とにらめっこ。コンタクトを入れる練習に10分ぐらいかかりましたよ。なんてこった。

入る瞬間に瞼がパチパチしてしまうんですね。人間たるもの、異物から身を守るのは当然だし、『慣れる』というのもそれなりに恐ろしいことじゃないか、と考えてしまうのです。無意識に装着して暮らせるようになるのでしょうか。

いまのところ幸い『ゴロゴロ』しないのですが、裸眼で視力が保たれているというのに如何せん違和感を拭えません。涙も出てくるし、メガネの方がはるかに楽な橋だと思いました。私の性分にコンタクトのケアが合うのかなあ…心配。2週間坊主になったら困るのですがね。
23:01 | Comment(0) | 日記

2008年10月06日

机 not found

resize0892.jpg
今日は新しい数Aの一回目でしたが…。

なんだったんでしょうね(笑)


書いてるだけの授業だったのでそれこそ眠らずに済みましたが、数学科の御出身というだけあってやたらオタッキーになりそうな予感が。まさに二個前の記事で「なるべく『濃い内容』の授業がいい」と書いた直後のこのざまです。変なこと書くんじゃなかった、ホントに。

授業態度の方はなかなかに荒れてました。いつしかの今丼大先生の片鱗が見えた感じ。先生の居ないスキに舞い飛ぶトランプ。(というか、授業の合間に25番氏の机が“なくなる”ってどうなのよ?) 一波乱起きそうな感じで、今後彼が苦労するのは目に見えてますね。

どうぞお大事に。


今日、HR終了後に“直帰”したので、帰宅中の小学生を久しぶりに目撃しました。

そこで気づいたんだけど、あいつらの帰宅中の挨拶は必ず「さよなら」なんですね。うーむ。こちらからすれば一期一会な感じなのに、一会すらさせてもらえない。考えてみれば、あのころは家に帰ってすぐ友達の家に遊びに行ったり、塾に行ったりと“どれだけ早く帰れるか”が重要だった気がします。小学校そのものに用事がなかった。切り替えが大事とよく言われていますが、そういう面では昔の方がさっぱりしていたのかも。
それにしても小学校卒業してから4年、もうそんなになるのですね。中学の卒業アルバムは今日配られたというのに…w
22:29 | Comment(1) | 日記

2008年10月04日

PM理論

文化祭まで一月を切り、HR演劇は各クラスで順調に準備が進んでいることかと思います。私も全てのクラスの練習を見学させてもらい、“演出”の指導法の違いを考えてみました。

三隅二不二の提唱したリーダー論として、「PM理論」は有名だと思います。PはPerformance、MはMaintenanceの略で、それぞれ目標達成と集団維持の機能のことを示し、PMのベクトルの強さでリーダーの類型化を図っています。言ってしまえば、Pは能率、Mは雰囲気を重視しているのですが、ミツバチ理論にあるように、仕事をサボる人は必ず出てきますから、その25パーセントを働かせるようにPの面を強化すれば結果として仕事場の雰囲気は悪くなり、そのグループはPmとなってしまう訳です。同様に、Mを補えば能率Pが落ちるのも当たり前で、能率と雰囲気を両立させるPMは、到底達成できないからこそ“理想”なのかもしれません。

演劇において、役者は自分の演技というものを客観的に見られませんので、誰かに問題点を指摘してもらう必要があります。T駒の演劇練習でいえば、半ば強制的に“演出”役が充てられ、文実の思し召しとして練習の型はできあがっています。但し、その演出の使いようによって各クラスごとの多様な個性が生まれるわけでありますが。

メンバーが同学年である以上は役者や演出間に上司-部下関係などなく、もとはみな対等な関係であるはずですけれども、作業効率から考えても上下関係のある方が妥当です。PM理論を高一に当てはめてみると、指導力のある(Pm/PM)リーダーがいる3組はトップダウンでまとまっていますし、1組や2組は役者や演出で劇を作っており(pM/PM)、さらに1組では役者外に演出を置いていません。これは4組も同様です。

作業のタイプ分類では、短期型はPm、長期型はpMが有利とされています。PM原則に従えば3組の雰囲気が悪く、2組の能率が低いということになりますが、今のところ目立つ差異はありませんし、結果が出るのは1月後のことです。それまで気長に待つことにしましょう。
01:28 | Comment(0) | 日記

2008年10月02日

ちりぢり

某氏の授業が至って“普通”で、無難と言えば無難でも、授業の意義として明らかに内容不足であることは周知のことかと思います。

氏への批判が事態の好転をもたらすとは思えませんが、認識不足は困りものです。期末テストが前回同様に自由記述ばかりというのは、それこそ“丸暗記”ばかりになってしまうような気が。軌道修正を期待した今学期も、いまのところ目新しい内容もなく、今日の授業も資料の読み取りや先生の解説ばかり、そりゃぁ眠くなりますよねぇ。

T駒の授業の特徴として、話を聞きそびれると授業の流れをつかめなくなりどうしようもなくなった覚えがありますが、高一になってからそのように‐先生の話をくみ取って、板書と合わせてひたすら書き写すような授業は減った気がします。考える内容が減って、いたずらにに参考書をなぞるだけのような授業が増えた。もちろん英語や数学は別ですがね。

中1の時、いまの2組担任が“一般的な”指導順を無視した英語の授業で保護者の批判を受けていたのを思い出します。数学なんかは例をあげるまでもなく指導要領を無視していて、今でこそ懐かしい思い出ですが当時は受け入れがたかったことを思い出しますね。ドカンと難題を出してやるぐらいがT駒の生徒には向いているのだと今更ながら気付かされます…

話を戻して、氏の授業について、あのような専門書の受け売りは拙いと思うのです。いや、それをするにも何冊も濫読するぐらいはして欲しい。鉄道がテーマなら、みんなを洗脳しきるまで鉄道のことをやり続けるとか−得意分野ならなおさらに−詳しくやってほしいのです。みんなそれぐらいの受容力は身についていますし、教師とマンツーで議論するぐらいのアツい内容を求めていると思います。萎えきっているからこそ内職が出るのであって、濃い内容ならみな食いつくと思いますが…。
22:57 | Comment(1) | 日記

2008年07月27日

出血過多?

一昨日のことですが、冷房をつけずに寝てしまったのです。

それで、朝起きてみたら、枕元が血で真っ赤


鼻から…あんなに血が出るとは思いませんでした。
使えなくなった枕は捨てたんですが、危うく死ぬんじゃないかと
思いましたよ、危ない危ない。

…致死量って血液2Lだよね?

まぁ死なないか。


合宿から帰ってきたときに痛感したのですが、
なぜ東京はこんなにムシ暑いのでしょう。

気温が連日95度越えですよ、暑すぎ。
湿度のせいで汗も乾かないし、気持ち悪いし…

そういうえば、開成高で部活中に何人も吐いたらしいです。
そりゃそーだ。

この学校で安全に部活ができる自信がありません。。
光化学スモックが出ても知らされないし…

自己責任を痛感します、まさに「生徒の自主性」ですね。
23:06 | Comment(4) | 日記

2008年07月16日

STAND

新しいジブリ映画はCGを使ってないそうですね。
つまりはセル画ということですから、ハヤオ氏の本気がうかがえます。

この頃気づいたんだけど、「ぽーにょ ぽーにょ さかなの(ry」っていう
あの主題歌があるじゃないですか。ポニョ人気はあの曲が作ってる。絶対。

大橋のぞみが歌ってるヤツ。

サッカー部の奴がが盛んに「可愛い」って主張しててワロタw

9歳だぜw
22:26 | Comment(0) | 日記

POWER GATE

昨日のことになってしまいましたが、
某「お塾」に行って来ました。

サピ時代の友達に会えたりして収穫はあったんだけど…
如何せん「勉強」がモットーだね、あそこは。
先生は優しそうに見えるから幸いでした。

友達のクラスだけ一時間延長、みたいな。
ウチは8時半にきっかり終わりましたが。
10時まで授業なんて…しないよね?w


まぁ、高校に入ったからアリかな。
答案の書き方をしっかり覚えられるのが一番いいかも。
00:15 | Comment(1) | 日記

2008年07月14日

DREAM SKIPPER

部活のために9時に登校。
しかし!部活は午後からだった!orz

めっちゃ暇なのでジャンプを3回読みなおす。

…。

…わからねぇ。


携帯も財布も本も持ってきてない。
あるのは「水筒」と「飯」だけ…どうするよ、俺。


そこに!
スク水の彼が登場!

水泳の補講が私をここまで助けてくれるとは思わなかった。
もちろん、行きましたよ。

ひたすら泳いで時間つぶし。
二学期に加点されるかもしれないし一挙両得DAZE!!

それで、終わったら部活。
時間の有効活用ですなw


清先生から金曜の答案を頂いてきました。

保健はY氏に直接もらうみたい。
補講受けたときにもらっとけばよかったw

古文でまさかの9割。これはでかい!
そして、現代文でも8割切りといったところ。

…国語で減点してない…?

俺、来たんじゃないの?と思ったが、
英語の発表しそびれたからオワタw
19:05 | Comment(2) | 日記

2008年07月08日

まさかの「新ゲーム」w

ながいながい期末がやっと終わったので、今日は雀大会を行いました。

第一局:
なかなか点差がつかない中で、西入。
西に入ってから「反物質の彼」が覚醒、煽りを受けてまさかのハコ

第二局:
出親でしたが、こまごまとアガって東一局で10000点近く稼ぐことに成功。
流れに乗って南場終了時には60000点。一位

第三局:
なにかパッとせず。
「4組の彼」が四暗刻テンパイ、
俺がオタ風の北をカンしてリーチ(ドラ5確定、結局ドラ10)している場で、
タンヤオのみの「ひでひこ」氏がやすやすとあがる。

そっから崩れた〜。2位かな?



「4組の彼」が帰宅した後、新しいゲームを作る流れに。

そこで、「反物質の彼」が


「点棒でジェンガをやろう!!w」


新たなるゲームが生まれました。

0128.jpg
↑左側ww

resize0129.jpg
↑実は静止しています!!



「ワクフ」=「777」の理由がやっと分かった一日でした。
いなえのセンスに感激w

そして、一般人にムチャ振り大会は厳しいことも分かりましたとさ。
20:56 | Comment(0) | 日記

2008年07月07日

決定打

負けたね、フェデラー。

流れが完全にナダルだったよ。完敗だったね。


って書く予定だったんですけど

実はフルセットまでもつれこんだらしいですね。

…第二セット終了まで見て、フェデラーの勝利を諦めて寝ちゃった♪


あそこで2セットとるのがフェデラーのすごいところだと思いますよ。
でも、その流れをつかんでも勝てなかったのはやっぱりナダルが上手だった、ということですな。
ナダルのイメージは「力技ボンバー!!」 だからあんまり好きじゃないんだけど。


…ウィンブルドンを最後まで見て期末に響いた人が居たとか居ないとか。
某Y君w
20:47 | Comment(0) | 日記

2008年07月03日

ブルーバード

よくわからんね。

今後の展望を立てても、ことごとく外れるからどうしようもない。。


…考えれば考えるほどアホらしー
早く終わんないかなぁ。

あれなんだよ、nomok氏が試験後に言ってたけど、あれが本当なら4組で化学が8割5分行ったやつはいないと思う。ガッキーも結構間違えてたし。

ちなみに、「ピストンを引いて真空を作る問題」は解答が書いてなかった
つまり、点あげ問題だね。


…後半は連絡生に有利な科目が続くみたい。がんばろ。
21:01 | Comment(0) | 日記

2008年07月02日

これこそまさに「メモ帳」

どうも。

残念なことを列挙してみる。

・今12時
・ホークスがジリ貧
・水筒に入れる麦茶を作り忘れた
・試験前最後の授業は試験に出ない内容
・質問しようとするも、雅山は4日欠勤
・問題集を学校まで持ってって出し忘れた
・携帯を一日携帯し忘れメールが悲惨なことに


あーあ
00:09 | Comment(0) | 日記

2008年06月29日

FF3は良ソフトです/釣り

期末まで3日。というか大切な土日をつぶした罪は大きいですね…。

今日なんか、体がダルいから起きたのも遅かったのに、飯食った後も気づいたら寝てて…さらに起きたら2時ですよ〜みたいな。 やばいよ。

勉強に関してはまとめノートも作ったので問題がないっちゃないのですが。

沢山あった時間を有意義に使えなかったという焦燥感が一番つらいです。 ええ。
(じゃあなんで記事書いてんだろうかw)


・古文
基本は四・用なんで。
たまーに「已」とか出てくるけどね。

その中でも、「芥川」の段は素晴らしい。
ただでさえ貴重な下二が5種・6回も出てくるのね。
得・経・出づ・更く・明くですが。

大和人は、人称から考えて推量でしょ。仮定婉曲?

・保健
「健康日本21」 やってねーよw

・生物
act?nRT? どっち?
ちなみに、出回ってる神ノートには流動モザイクとか載ってないから注意するべきかも。

・世界史
12枚目のプリントww

・オーラル
意外と話すのが早いので、シャドーイングディクテーションは無理だとわかった。。
文を暗記しないのであれば、放送1回ではとても書きとれないでしょうな。

・はち
例文多いし、英語の成り立ちが実に厄介。
復習しないとやばいって、絶対。

・数T
応用が難しかったら厄介だな…としか言いようがありません。

・漢文
なんとも。50分間何をするのか…

・化学
ははは、軟式部補正だよ。 (下方修正で)


以上、まとめ終わった教科について、書いてみた。

数Aは写像の推移律〜等辺がわからない。。
あ、地理と現代文は手付かずなのでw


FF3の感想
22:25 | Comment(1) | 日記

2008年06月25日

タオる

期末が近いですね。
いつのまにか一週間。あせってる?




.......
15:47 | Comment(7) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。